『手並み』(てなみ)という言葉は

普通に聞きそうな言葉ですね。



「手並み」と聞くと、お手並み拝見のような感じでよく聞くので

その人の実力、能力

のようなイメージがありますが。

スポンサードリンク


『手並み』の意味


『手並み』(てなみ)の意味は

その人の技能の程度

といった意味のようです。



予想していた意味とほぼ同じ意味になってきそうですね。



『技能』は
あることを行うための技術的な能力
『程度』は
他の物と比べたときの高低・強弱・多少・優劣などの度合

といった意味になります。



なので、意味的には

技術的な能力の度合い

のような意味になってきそうです。



例文としては
「神童と言われている噂は本当なのかお手並み拝見させてもらった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『手並み』の類義語

実力
力量
技量
特技
職能
才能


腕前
手腕
手並み
才幹
才覚
天分

甲斐性

『能力』の慣用句

腕が立つ
驥足を展ばす
多々益益弁ず
頭角を現す
右に出る者がない

『能力』のことわざ

錐囊中に処るが如し
芸は身を助ける
能ある鷹は爪を隠す

関連コンテンツ



スポンサードリンク