『骨を折る』(ほねをおる)という言葉は

なんとなく聞いたことがある言葉ですね。



そのまま意味を受け取ってしまうと
やはり物騒でおかしいですけど

「例えとして」いろいろな場面で
使われそうな言葉のような気がします。



なんとなく「骨を折る」と聞くと

とても大変な思いをして作業をした

というような体を張って何かをした後

のような意味がありそうですが。

スポンサードリンク


『骨を折る』の意味


『骨を折る』の意味は

苦労して物事をする。
また、あることのために力を尽くす


といった意味のようです。



「苦労して」であったり
「力を尽くす」なので

「苦労して努力する」
のような意味になってきそうですね。



やはり
「骨折り損」というような言葉もあるように
「骨を折る」という言葉は
どこか
骨を折るほどの苦労した

というような例えたイメージがありそうですね。

スポンサードリンク


『骨を折る』の例文や使い方


例文としては
「会社のトラブルがあったが上司に骨を折ってもらったため何とかなった」

といった
「苦労してでも全力でやる」
の代わりのような使い方が良さそうです。

『骨を折る』の語源


『骨を折る』の語源は少し気になりますね。



『骨を折る』は

1.骨折する
2.精を出して働く
3.苦心して人の世話をする

といった複数の意味を持つということもあり

これらの意味が

『骨を折る』の語源のヒントにもなっているようです。



「骨を折る」と普通に聞くと

誰が聞いても痛々しいイメージがあり

大変な出来事だと想像できます。



なので

語源もストレートで

骨を折るほど何かを行動した
骨を折るほど苦労して一生懸命だったんだ

のような表現からきているようです。



あまり知らない人でもイメージしやすく

わかりやすいたとえなのかもしれないですね。

スポンサードリンク


『骨を折る』の類義語

稼ぐ
労する
勤める
勤務
執務
就労
勤労
稼働
労働
課業
営み
オーバーワーク
鞅掌
奔命

『働く』の慣用句

汗を流す
犬馬の労をとる
精を出す
手足となる
怠け者の節句働き
額に汗する
骨を折る
身を粉にする

『働く』のことわざ

稼ぐに追いつく貧乏なし

関連コンテンツ



スポンサードリンク