『奔命』(ほんめい)という言葉は

普通に聞くと
物事の一番中心
物事の中で一番集中しているもの

というような意味に聞こえてきますね。



普段よく耳にする「本命」とは漢字が全く違うので
全く別の意味だと思いますが

漢字を見た目で意味を想像してみると

ちょっと違和感というか
あまりよろしくない意味にも見えてきます。



『奔命』の類義語として考えてみるならば
命をかけて一生懸命働く

というようなイメージがありますが。

スポンサードリンク


『奔命』の意味


『奔命』(ほんめい)の意味は

主君の命によって奔走すること。
転じて忙しく活動すること


といった意味のようです。



『奔走』は

物事がうまくいくように、あちこちかけまわること

『主君』は

自分が仕えている君主・主人など

といった意味になります。



説明している意味の中でも
難しい言葉がいくつかあるので想像しづらいですが

要するに
雇い主のために忙しく活動する、行動する

といった意味になってきそうです。



それでも
この言葉を知っている人が少なそうなので

なかなか使いづらいような気がしますが。



例文としては
「奔命に疲れ果てる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『奔命』の類義語

稼ぐ
労する
勤める
勤務
執務
就労
勤労
稼働
労働
課業
営み
オーバーワーク
鞅掌
奔命

『働く』の慣用句

汗を流す
犬馬の労をとる
精を出す
手足となる
怠け者の節句働き
額に汗する
骨を折る
身を粉にする

『働く』のことわざ

稼ぐに追いつく貧乏なし

関連コンテンツ



スポンサードリンク