『鞅掌』(おうしょう)という言葉は

響きだけ聞くと「王」の「王将」のように聞こえてきますね。



それでも漢字が全然違うので
意味も全く違うと思いますが

言葉を見て「働くの類義語」として
意味を考えてみましたが

あまり見たことがない漢字なので
なかなか意味が予想しづらいですね。



かろうじてわかるのは
「掌」が手に関係した漢字だと思うのですが

そうなると
手足を動かして一生懸命働く

といった意味にでもなってくるのでしょうか。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『鞅掌』の意味


『鞅掌』の意味は

休む暇もなく忙しく働くこと
硬い文章語


といった意味のようです。



休む間もなくとにかく働きまくる

といった意味のようですね。



接客業とかでお客のラッシュの時間帯などで

このような状況になりそうですね。



それでもあまり見かけない言葉で
それも「硬い文章語」とも言われているようなので

使っても意味が通じる人は少なそうです。



例文としては
「管理職に鞅掌する」

といった使われ方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『鞅掌』の類義語

稼ぐ
労する
勤める
勤務
執務
就労
勤労
稼働
労働
課業
営み
オーバーワーク
鞅掌
奔命

『働く』の慣用句

汗を流す
犬馬の労をとる
精を出す
手足となる
怠け者の節句働き
額に汗する
骨を折る
身を粉にする

『働く』のことわざ

稼ぐに追いつく貧乏なし
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]