『通暁』(つうぎょう)という言葉は

あまり聞きなじみのない

聞いたことがない言葉ですね。



「通」という漢字はよく見かけるのですが

「暁」という漢字はあまり頻繁には見ないので

意味もわかりづらい気がします。



「無明」とか「払暁」とかと

響きが似ていますが

意味も似てくるのでしょうか。



『通暁』の読み方は(つうぎょう)と読みます。

スポンサードリンク

『通暁』の意味


『通暁』(つうぎょう)の意味は

その事柄について詳しい知識を持っていること

といった意味のようです。



「事柄が詳しい」ということは

物事や内容を隅々まで知っている

のような意味になってきそうです。



そうなると
『精通』という言葉とも

よく似た意味を持っている言葉なのかもしれません。



『精通』は

その事柄について細かなことまでよく知っていること

といった意味になります。



それでも
『精通』はよく日常でも聞いたことありそうでも

『通暁』という言葉はあまりというか

全然聞いたことがないので

日常で使うなら

『精通』の方が通じそうな気がしますが。



例文としては
「心理学の知識についても通暁している」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『通暁』の類義語

悟る
弁える
心得る
飲み込む
察する
見て取る
窺う
見抜く
見透かす
掴む
通じる
与り知る
存じる
承知
熟知
知悉
通暁
精通

『知る』の慣用句

一を聞いて十を知る
推して知るべし
温故知新
造詣が深い

『知る』のことわざ

井の中の蛙大海を知らず
知らぬが仏
汝自らを知れ