『頭角を現す』(とうかくをあらわす)という言葉は

なんとなく聞いたことがありそうな言葉ですね。



才能の先端が見える、その人の得意としている能力が開花され始めている

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『頭角を現す』の意味


『頭角を現す』(とうかくをあらわす)の意味は

才能・技量などが周囲の人より一段と優れる。
また、才能・実力を示して注目される


といった意味のようです。



『技量』は
物事を行ううまさ。腕前

といった意味になります。



開花される、であったり才能が芽生えるといった意味ではなく

他の人よりも目立つ、才能がある、優れている

のような意味になってくるようですね。



ほかの人よりも優れているから目立ちやすい、

先端が飛び出ているように目立った実力がある

のような表現としての言葉になってきそうです。

スポンサードリンク

『頭角を現す』の例文、使い方


例文としては
「頭角を現したため、より活躍ができる環境となった」

のような
「才能や技量が周りよりも優れて目立つ」
の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『頭角を現す』の類義語

実力
力量
技量
特技
職能
才能


腕前
手腕
手並み
才幹
才覚
天分

甲斐性

『能力』の慣用句

腕が立つ
驥足を展ばす
多々益益弁ず
頭角を現す
右に出る者がない

『能力』のことわざ

錐囊中に処るが如し
芸は身を助ける
能ある鷹は爪を隠す
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]