『危殆に瀕する』(きたいにひんする)という言葉は慣用句ですが

まず『危殆』という言葉が『期待』ではないので

勘違いしたり混乱しやすそうな言葉です。



危殆の『危』が危険の危というところから

漢字を見ればなんとなく意味が予想できそうですが

それでもよく考えないと意味が分かりにくい言葉です。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『危殆に瀕する』の意味


『危殆に瀕する』(きたいにひんする)の意味は

存否、成否に関わる危険な事態となる

といった意味のようです。



まず『存否』と『成否』の言葉が

結構マイナーな言葉なのでよく考えないとわかりません。



『存否』は
「存在するかしないか」

『成否』は
「成功するかしないか」

といった意味になります。



なので意味をひとつひとつ見ていくと

『危殆に瀕する』の意味は

「存在するかしないか、成功するかしないかに関わる危険な事態となる」

といった意味になります。



例文としては
「今のままでは年金制度が危殆に瀕するのは目に見えている」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『危殆に瀕する』の類義語

危急
難局
窮地
苦境
ピンチ
危地
死地
破局
クライシス

『危機』の慣用句

足元に火が付く
一難去ってまた一難
一触即発
危急存亡の秋
危殆に瀕する
剣が峰に立たされる
前門の虎後門の狼
轍鮒の急
風雲急を告げる
風前の灯火
釜中の魚
累卵の危うき

スポンサードリンク
[ad#co-1]