『うつらうつら』という言葉は

つい眠ってしまった
作業中、仕事中にうっかり寝てしまった

といったイメージがあります。



睡眠時間に寝るというよりは

睡眠時間でない時に寝てしまう

という意味になりそうですが。



ファミコンのドラクエ4で

兵士が
「うつらうつら」

という台詞を言いながら寝ていた

という記憶もあります。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『うつらうつら』の意味


『うつらうつら』の意味は

眠りに入ったような目が覚めているような
どっちつかずの状態で浅く眠る様子


といった意味のようです。



作業中、仕事中という状態は関係なく

眠っているか眠っていないかの境目にいる状態

を意味する言葉のようですね。



『うとうと』と響きがよく似ていますが

『うとうと』は

眠気に促されて眠る

なので違った意味になります。



『うつらうつら』は

それとなく眠そうな雰囲気が出ていますね。



例文としては
「疲れすぎているせいなのかうつらうつらしても目が冴えて眠れない」
「あの警備員はうつらうつらしている。徹夜だろうか」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『うつらうつら』の類義語

寝る
寝付く
寝入る
寝込む
眠りこける
まどろむ
就寝
就眠
熟睡
安眠
一寝入り
転寝
居眠り
うとうと
うつらうつら
こっくりこっくり
まんじり

『眠る』の慣用句

お休みになる
華胥の国に遊ぶ
御寝なる
春眠暁を覚えず
白川夜船
寝に就く
床に就く
船を漕ぐ
夢を結ぶ
宵っ張りの朝寝坊
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]