『汝自らを知れ』(なんじみずからをしれ)

という言葉はあまりに聞いたことがない言葉ですね。



それでもなんとなく言葉を見てみると

何よりもまずは自分を知るのが大事だ

と言っているような気がします。



なので誰かが

何かで行き詰まっているときに

アドバイスとしてこの言葉を使いそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『汝自らを知れ』の意味


『汝自らを知れ』(なんじみずからをしれ)の意味は

人はまず自分の無知を自覚し
そこから自分の心を高めるように励まなければいけない


といった意味のようです。



これの由来は

古代ギリシャの賢人タレースの処世訓

からきたようで

ソクラテスが新たな意味を与え
行動上の標語としたもの

なのだそうです。



処世訓は

処世の上で役に立つ教え

処世とは

世間と交わってうまく生活していくこと

となります。



なるほど、
この言葉は

まずあれこれ知識をがむしゃらに取り入れたり
適当に目標を決めて行動しないで

自分自身を見つめて、自分の弱点を知って

自分をよく知って何をするべきか
どういう目標を持つべきか

ということをよく考えて進もう

というようなことを言っているのかもしれませんね。



人間というのは物事をちょっとかじると

すべてを知ったようなもしくは
ある程度知ったような錯覚に陥ってしまいますが

大体はあまり知っているわけではなかったり

しかも中途半端に知っているだけなのに
そこからさらにそのジャンルの知識を高めようとしない

という現象が起こってしまいがちです。



なのでまず
自分が無知であることを、知らないことを認識し
学ぶ姿勢をとっていくのが大事

というのがこの言葉が伝えたいことなのかもせれません。



ベテランがプロフェッショナルが専門家であることが

かえって学ぶことをやめてしまう原因にもなってしまうので

何事もルーキーになる

という姿勢で、新鮮な気持ちで学んでいきたいですね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『汝自らを知れ』の類義語

悟る
弁える
心得る
飲み込む
察する
見て取る
窺う
見抜く
見透かす
掴む
通じる
与り知る
存じる
承知
熟知
知悉
通暁
精通

『知る』の慣用句

一を聞いて十を知る
推して知るべし
温故知新
造詣が深い

『知る』のことわざ

井の中の蛙大海を知らず
知らぬが仏
汝自らを知れ
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]