『老いらく』(おいらく)という言葉は

聞いたことがない気がする言葉ですね。



それでも「老い」という言葉が含まれているので

どこか「体たらく」と似たようなニュアンスで

年をとってでだらしない

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『老いらく』の意味


『老いらく』の意味は

老年

といった意味のようです。



「老いらく」は「老年」と同じような、または同じ意味になってくるようですね。



『老年』は
年をとって、心身の衰えがめだつ年ごろ。また、その年ごろの人

といった意味のようです。



衰えが目立つ、という年頃ということは

年寄り、老人のような言葉と意味はあまり変わらなそうです。



例文としては
「老いらくは人生のスタートラインだ」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『老いらく』の類義語

老境
老年
老いらく
老残
耄碌
老化
年波

『老い』の慣用句

老いの一徹
老いの繰り言
老いを養う
愚に返る
春秋高し
鶴は千年亀は万年
年は争えない
年寄りの冷や水
日暮れて道遠し
焼きが回る

『老い』のことわざ

老いたる馬は路を忘れず
老いては子に従え
老いては益益壮なるべし
麒麟も老いぬれば駑馬に劣る
昔の剣今の菜刀
老驥千里を思う

関連コンテンツ



スポンサードリンク