『熟考』という言葉は

「じっくり考える」
「深く考える」
「よく考える」

といったイメージがあります。



また本だけでなく日常でもたまに聞く言葉でもあるので

この言葉をの意味をだいたい把握している人は多いのではないでしょうか。



とっさにこの言葉がでてきても

わからないで混乱する可能性は低いかと思います。



『熟考』の読み方は(じゅっこう)と読みます。

スポンサードリンク


『熟考』の意味


『熟考』(じゅっこう)の意味は

判断、結論などを誤らないようじっくりと考えること

といった意味のようです。



「じっくり考える」

というのはなんとなくわかりましたが

「判断や結論を誤らないように考える」

という部分はなんとなく抜けていた気がします。



使い方としては
「熟考した上で判断する」
「このギャンブルは人生の分かれ目ともいえる選択なので熟考した」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『熟考』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク