『案じる』という言葉は

「理解した」であったり
「わかった」

といったような意味に聞こえてきます。



でもあくまでそれっぽい言葉だっていうだけで

実際は意味が違ってくるのだと思います。



ちゃんと理解していないと

このような意味があやふやな言葉を使うときは注意が必要ですね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『案じる』の意味


『案じる』(あんじる)の意味は

良い案はないかと、いろいろ考える。考え出す。

といった意味のようです。



確かに噛み砕いてよく聞いてみると

そういう意味なのだなと理解してきます。



つまり「良い案はないかあれこれ考える」

といった言葉を省略して『案じる』という言葉になったのかもしれません。

スポンサードリンク

『案じる』の例文や使い方


案じるの使い方はそれほど難しくなく

「良い案をみつけたいこと」

について使うと良さそうです。



例文としては
「目標に沿って一つ一つ計画を案じる」
「曹操は関羽に義兄弟になってもらう計画を案じていた」
「習慣化したい行動の継続率を上げる方法を案じる」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

『案じる』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク
[ad#co-1]