『商量』と聞くと

「質量」という言葉のような
「ものの量」

というような言葉に聞こえてきます。



商量という言葉が『考える』の類義語だと言われなければ

正確に意味を把握できる人は少ないのではないでしょうか。



この『商量』という言葉が

『考える』の類義語だったということが以外ですよね。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『商量』の意味


『商量』(しょうりょう)の意味は

あれこれと引き比べて考えること

のようです。



この漢字から
「比べる」という意味と
「考える」という意味が出てくるのですから

意外ですよね。



この漢字を仮に日常で使ったとしても

理解できる人は少なそうです。



それでも専門的な知識を持ってる人であれば

当たり前のように理解しそうですが。



場所を選ぶ言葉なのかもしれませんね。



使い方としては
「利害得失を商量する」

といった使い方がいいでしょう。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『商量』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク
[ad#co-1]