『一触即発』(いっしょくそくはつ)という言葉は

意味が分かりそうでちょっとよくわからない言葉です。



聞いただけではさらによくわかりませんが

漢字を一つ一つ見てよく考えてみると

なんとなく意味が予想できそうな言葉です。



直訳すると

「1回触って即発動する」

といったそんな意味になりますが

やはり知っていないと意味がよくわかりませんね。



こういった四字熟語は何かを省略した言葉が多そうですね。



『一触即発』の読み方は(いっしょくそくはつ)と読みます。

スポンサードリンク


『一触即発』の意味


『一触即発』(いっしょくそくはつ)の意味は

ちょっと触れるだけで爆発する意味から

ちょっとしたきっかけですぐにも争いや危険な事態が起こりそうなこと

といった意味の意味を持つようです。



「ちょっと触れるだけで爆発する」

というイメージは相当危険なものが

そこにありそうな意味を持ちそうですね。



「ささいなきっかけで厄介ことが起きる」
「危険な状況が起きる」

といった意味なのですね。

『一触即発』の例文や使い方


例文や使い方としては
「あの2人は今や一触即発の状態にある」
「楽をする人が得をする会社は一触即発の状態にある」

といった犬猿の仲にあるような『人』に対して使うこともできるみたいですね。

スポンサードリンク


『一触即発』の類義語

危急
難局
窮地
苦境
ピンチ
危地
死地
破局
クライシス

『危機』の慣用句

足元に火が付く
一難去ってまた一難
一触即発
危急存亡の秋
危殆に瀕する
剣が峰に立たされる
前門の虎後門の狼
轍鮒の急
風雲急を告げる
風前の灯火
釜中の魚
累卵の危うき

スポンサードリンク