『世渡り』(よわたり)という言葉は

普通に聞く言葉ですね。



渡世』と漢字が同じなので、もしかしたら同じ意味

他人との関わり合いで生きていく、またそのための職業

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『世渡り』の意味


『世渡り』(よわたり)の意味は

世の中に出て他人との関わり合いの中で生活していくこと。
また、その要領


といった意味のようです。



やはり、『渡世』と似たような意味を持つ言葉となりそうですね。



『要領』は
1.物事の最も大事な点。要点
2.物事の要点をつかんだ、うまい処理の仕方

といった意味になります。



他人との関わり合い中での生活、社会

のような意味となりそうです。



例文としては
「社会に揉まれているうちに世渡り上手となる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『世渡り』の類義語

生活
起居
起き伏し
寝起き
寝食
衣食
生計
口過ぎ
身過ぎ
世渡り
渡世
食う
食べる
やっていく

『暮らす』の慣用句

同じ釜の飯を食う
口を糊する
暮らしが立つ
腰を落ち着ける
飯の種
飯を食う
路頭に迷う
露命を繋ぐ

『暮らす』のことわざ

衣食足りて礼節を知る
住めば都
泣いて暮らすも一生笑って暮らすも一生
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]