『ピンチ』という言葉は

日ごろから頻繁に聞く言葉ですね。



それとなく頻繁に出てくる言葉で

プライベートだけでなく会社やゲーム、マンガなどにもよく出てきます。



ファミコン版のドラゴンボールZ二作目のゲーム

「ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!」

では顔画像の上に『ピンチ』と出てきたのを覚えています。



その時は

「瀕死状態」

まさに危機的状態のときに出てくるので

「本当に危ない時」
「ちょっと小突かれるだけで死んでしまいそうな時」

に出てきた言葉でした。



イメージ的には
「もう持ちません」
「大丈夫だ問題ない」
といったフラグが立ちそうな言葉を言った時

フルブーストでは
「瀕死状態でデュナミスに狙われているとき」

とかに

「うおお!ピンチだぜ!」

と頭に浮かんできそうな言葉です。

スポンサードリンク


『ピンチ』の意味


『ピンチ』の意味は

危険の差し迫った苦しい場面

といった意味のようです。



危険な状態であったり

苦しいときに出てくる言葉のようですね。



例文としては
「今月は使いすぎて生活がピンチだ」
「自重せず前に出過ぎたため兵卒にリンチにされピンチになってしまった」

といった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『ピンチ』の類義語

危急
難局
窮地
苦境
ピンチ
危地
死地
破局
クライシス

『危機』の慣用句

足元に火が付く
一難去ってまた一難
一触即発
危急存亡の秋
危殆に瀕する
剣が峰に立たされる
前門の虎後門の狼
轍鮒の急
風雲急を告げる
風前の灯火
釜中の魚
累卵の危うき

スポンサードリンク