『才』(さい)という言葉は

よく使う言葉ですね。



この言葉を単独で使うとなると

大体は「才能」のような意味として使われそうなイメージですが。



「才」の読み方は
音読み(さい)
訓読み(かど)
気の利いた点。才能。才気
訓読み(ざえ)

と読むようです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『才』の意味


『才』(さい)の意味は

物事を素早く理解し巧みに処理する能力や頭の働き

といった意味のようです。



『才能』が
物事を巧みになしうる生まれつきの能力
『天才』は
高い知能を有する人

といった意味になるので

「才能」の、生まれつき、という意味以外

物事を巧みに処理する能力

という意味が同じになってきそうですね。



使い方も「才能」と

大体同じようなイメージになってきそうです。



例文としては
「母には人形作りの才がある」

のような使い方がよさそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『才』の類義語

実力
力量
技量
特技
職能
才能


腕前
手腕
手並み
才幹
才覚
天分

甲斐性

『能力』の慣用句

腕が立つ
驥足を展ばす
多々益益弁ず
頭角を現す
右に出る者がない

『能力』のことわざ

錐囊中に処るが如し
芸は身を助ける
能ある鷹は爪を隠す
[ad#co-6]

スポンサードリンク
[ad#co-1]