『脳みそを絞る』という言葉は

考えるの慣用句となります。



『脳みそを絞る』という言葉は

それとなく日常で聞きそうな言葉で

ニュアンス的に

「一生懸命考える」であったり
「必死になって考える」

といったイメージがあります。



でも言葉を噛み砕いて見てみると

やはり全く違う意味に見えてしまい

あまり聞かない人や外国人の方にとっては

「ちょっと何いってんの?」
「いやいやありえないでしょ」

といったイメージにもなりそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『脳味噌を絞る』の意味


『脳味噌を絞る』(のうみそをしぼる)の意味は

ありったけの知恵を働かして考える

といった意味のようです。



「今ある知識を一生懸命引っ張り出して考える」
「思考する」

といった意味のようですね。



使い方としては
「どんなに脳みそを絞っても大学に行くのは難しい」
「レッドリボン軍は脳みそを絞って孫悟空を倒す手段を考えた」

いった使い方が良さそうです。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

スポンサードリンク

『脳味噌を絞る』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク
[ad#co-1]