『無い知恵を絞る』(ないちえをしぼる)という言葉は

『考える』の慣用句にあたります。



比較的日常でも使われている言葉なので

なんとなくニュアンス的に意味が通じる人が多そうな言葉です。



イメージ的には

苦手分野であったり
あまり知らないことにに対し一生懸命考える

といったイメージがあります。

スポンサードリンク


『無い知恵を絞る』の意味


『無い知恵を絞る』(ないちえをしぼる)の意味は

なんとかいい考えを出そうとして四苦八苦する

といった意味のようです。



「ブログのネタ探しやタイトル決めには無い知恵を絞ることが多い」
「サボった言い訳を考えるのに無い知恵を絞って考えた」

といった使い方がいいでしょう。

スポンサードリンク


『無い知恵を絞る』の類義語

思い巡らす
鑑みる
慮る
煎じ詰める
案じる
思案
勘案
考慮
顧慮
一考
検討
熟考
商量
愚考

『考える』の慣用句

頭を捻る
無い知恵を絞る
脳味噌を絞る
額に皺を寄せる

『考える』のことわざ

考える葦
下手の考え休むに似たり

スポンサードリンク