『察する』(さっする)という言葉は

物事を観察するなどをしてあることに感づく、分かる

のようなイメージがあります。



相手が何も語らなくても
なんとなく言いたい事が感じ取れる

といったときにこの言葉が使われそうですが。

スポンサードリンク


『察する』の意味


『察する』(さっする)の意味は

見たり聞いたりしたことから
推し量ってそれと知る


といった意味のようです。



推し量るは

ある事柄をもとにして他の事柄の見当をつける。推測する

といった意味になります。



なので
目や耳などの情報から自分なりに推測して
何となく理解していく

といった意味になってくるみたいですね。



先になんとなく観察してきたことから集めた情報を分析し
そこから答えを導き出してわかった時

にこの言葉が使われるのかもしれません。

『察する』の使い方や例文


例文としては
「形勢が不利だと察して別の角度から対策を考えた」

といった「推測する」の
代わりのような使い方がよさそうです。

スポンサードリンク


『察する』の類義語

悟る
弁える
心得る
飲み込む
察する
見て取る
窺う
見抜く
見透かす
掴む
通じる
与り知る
存じる
承知
熟知
知悉
通暁
精通

『知る』の慣用句

一を聞いて十を知る
推して知るべし
温故知新
造詣が深い

『知る』のことわざ

井の中の蛙大海を知らず
知らぬが仏
汝自らを知れ

関連コンテンツ



スポンサードリンク