『才能』(さいのう)という言葉は

普通によく聞く言葉ですね。



その人の生まれ持った能力

のようなイメージがありますが。

スポンサードリンク

『才能』の意味


『才能』(さいのう)の意味は

ある物事をうまくなし得る生まれつきの能力

といった意味のようです。



『なし得る』は
物事を達成・遂行することが可能である
『生まれつき』は
生まれたときから備わっていること。
また生まれたときから、ある性格、能力などを持ち続けていること

といった意味になります。



生まれたときから達成する能力を持っている、ということなので

その才能は使わないともったいない、という気持ちにはなってきますね。



例文としては
「努力を惜しまずできることも才能のような気がする」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『才能』の反対語、対義語


『才能』の反対語、反対の意味となると

生まれつきなし得る能力がない

のような意味になってきそうですが。



そうなると普段使っている言葉は

才能がない、と普通に使ってそうです。



『才能』と若干意味が異なりますが

『天才』
生まれつき備わっている、並み外れてすぐれた才能

の反対語は
『凡才』
普通の才能。
平凡で、特にすぐれたところのない才能

といった意味を持つ言葉のようです。



『天才』は
『才能』が並外れて優れている

という意味になってくるので

才能がある、という意味とも取れそうです。



そうなれば、反対の意味である『凡才』が

『才能』の反対語、対義語としても

もしかしたら近い言葉になってくるのかもしれません。

スポンサードリンク

『才能』の類義語

実力
力量
技量
特技
職能
才能


腕前
手腕
手並み
才幹
才覚
天分

甲斐性

『能力』の慣用句

腕が立つ
驥足を展ばす
多々益益弁ず
頭角を現す
右に出る者がない

『能力』のことわざ

錐囊中に処るが如し
芸は身を助ける
能ある鷹は爪を隠す