『才覚』(さいかく)という言葉は

なんとなく聞いたことがありそうな言葉ですね。



才能、のようなイメージがありますが、見た感じのイメージでいうと

才能が開花する、目覚める

のような意味になってきそうですが。

スポンサードリンク


『才覚』の意味


『才覚』(さいかく)の意味は

物事に素早く、また巧みに対応できる知恵と能力

といった意味のようです。



才能が覚醒する、開花するといった意味でなく

対応力のうまさ、速さといった知恵や能力

という意味になってくるようですね。



どちらかというと、応用力のようなその場の対応力

世の中でうまく渡っていくために役立つ、欠かせない能力

なのかもしれません。



例文としては
「自分の才覚をいかに信じられるかが、物事がうまくいくための秘訣かもしれない」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『才覚』の類義語

実力
力量
技量
特技
職能
才能


腕前
手腕
手並み
才幹
才覚
天分

甲斐性

『能力』の慣用句

腕が立つ
驥足を展ばす
多々益益弁ず
頭角を現す
右に出る者がない

『能力』のことわざ

錐囊中に処るが如し
芸は身を助ける
能ある鷹は爪を隠す

関連コンテンツ



スポンサードリンク