『口が奢る』(くちがおごる)という言葉は

聞き馴染みのない言葉ですね。



なんとなく、しゃべり過ぎる調子に乗ってしゃべる、のようなイメージもありますが

おいしいものを食べる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『口が奢る』の意味


『口が奢る』(くちがおごる)の意味は

おいしいものばかり食べて
食べ物に贅沢になる


といった意味のようです。



おいしいものを食べ過ぎて普通の食べ物では満足できなくなる、おいしいものしか美味しく感じない

のような意味になりなりそうですね。



『奢る』(おごる)は
1.程度を超えたぜいたくをする
2.自分の金で人にごちそうする。物などを人に振る舞う

といった意味になります。



例文としては
「外食ばっかりしていると口が奢ってしまい普段食べる納豆がまずく感じる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『口が奢る』の類義語

食う
食らう
認める
食する
喫する
つまむ
つつく
ぱくつく
頬張る
掻き込む
がっつく
平らげる
上がる
召し上がる
頂く
賞味
腹拵え

『食べる』の慣用句

牛飲馬食
口が奢る
口にする
舌鼓を打つ
食が進む
食が細い
箸を付ける
無芸大食
色気より食い気

『食べる』のことわざ

腹八分に医者いらず
河豚食う無分別河豚食わぬ無分別
痩せの大食い

関連コンテンツ



スポンサードリンク