『身を粉にする』という言葉は

あまり聞きなれない聞いたことがない言葉ですね。



一応「働くの類義語」にあたる言葉なのですが

そう言われてみると確かになんとなくイメージができなくもないような気がしてきます。



そうなると
身体を粉まみれにするほど一生懸命働く
粉砕するほど一生懸命働く

のような意味も頭で浮かんできますが

それでもやっぱりわけがわからない気がしますが。

スポンサードリンク


『身を粉にする』の意味


『身を粉にする』の意味は

苦労もいとわず懸命に努める

といった意味のようです。



『身を粉にする』という言葉から

「苦労」や「懸命に努める」といった意味が含まれていたんですね。



『努める』はややこしいですが

力を尽くしてあること をする。努力する

『いとわず』は

『いとう』を否定した意味

嫌って避ける。嫌がる

の反対の意味となります。



なので
「懸命に努める」「苦労もいとわず」とあるので

嫌がらずに全力で行動する
我が身を犠牲にしてでも一生懸命になる

というような意味になりそうです。



例文としては
「家族に養ってもらうわけにいかないので身を粉にして働く」

というような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『身を粉にする』の類義語

稼ぐ
労する
勤める
勤務
執務
就労
勤労
稼働
労働
課業
営み
オーバーワーク
鞅掌
奔命

『働く』の慣用句

汗を流す
犬馬の労をとる
精を出す
手足となる
怠け者の節句働き
額に汗する
骨を折る
身を粉にする

『働く』のことわざ

稼ぐに追いつく貧乏なし

関連コンテンツ



スポンサードリンク