『努める』(つとめる)という言葉はよく聞きますが

同じ読み方で違う漢字がいくつかあるので
意味が混同してしまい
聞いてもはっきりとは分からないような気がします。



なのでちゃんと理解していないと

意味を把握するのは難しい言葉ですね。



努力の「努」が使われている「努める」は
どことなく「努力する」というイメージがありますが。



『努める』の読み方は(つとめる)と読みます。

スポンサードリンク


『努める』の意味


『努める』の意味は

力を尽くして行う

といった意味のようです。



「力を尽くして」ということはやはり

精神的にも肉体的にも力を出し切って行う、行動する

といった意味になってきそうですね。



そういう点では

全力で行動する
自分の能力を出し切る

といった意味にもなってきそうですが。



でも「努める」という何気ない言葉から

力の限り行動する

のような暑苦しい意味であることは

なかなか認識しづらいですね。



ただ「仕事に努めます」

と言われても

あー仕事頑張るのね

ぐらいにしか受け取ってもらえなさそうですが。



なので

相手に全力でやることを伝えるためには

「力を尽くして仕事をします」

と具体的にいったほうがちゃんと伝わりそうな気がします。

『努める』の使い方や例文


例文としては
「正社員として雇用してもらうためにまずは信頼上昇に努める必要がありそうだ」

といった「出来る限りのことをする」の
代わりのような使い方は良さそうです。

スポンサードリンク


『努める』の類義語

尽力
骨折り
精励
精進
奮励
奮闘
粒々辛苦
切磋琢磨
勉励
刻苦
努める
励む
勤しむ
頑張る

『努力』の慣用句

倦まず弛まず
斃れて後已む
力瘤を入れる
力を入れる
力を尽くす
血と汗の結晶
手を尽くす
駑馬に鞭打つ
馬力を掛ける
ベストを尽くす
老骨に鞭打つ

『努力』のことわざ

雨垂れ石を穿つ
叩けよさらば開かれん
天は自ら助くる者を助く

関連コンテンツ



スポンサードリンク