『華燭の典』(かしょくのてん)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



言葉の見た目がどこかキラキラしているので

華やかな祝い事や結婚式の時に使われそうな言葉ですが。

スポンサードリンク

『華燭の典』の意味


『華燭の典』(かしょくのてん)の意味は

「華燭」は華やかな灯火の意味
他人の結婚式を祝福していう言葉

といった意味のようです。



自分以外の他人の結婚式に対して祝福して言いたいときに

使う言葉のようですね。



華やかに表現したい時

に使われそうです。

スポンサードリンク

『華燭の典』の例文、使い方


例文としては
「同僚は華燭の典を挙げた翌日、皆にそのお祝品を配っていた」

「華やかな結婚式」の代わりのような
結婚式をお祝いして言うような使い方が良さそうです。

『華燭の典』の類義語

婚姻
縁組
成婚
ゴールイン
おめでた
婚礼
祝言
嫁入り
輿入れ
婿入り
妻帯
連れ合う
添い遂げる
嫁ぐ
嫁する
片付く
縁付く
娶る
結ばれる

『結婚』の慣用句

華燭の典
所帯を持つ
玉の輿に乗る
手鍋提げても
身を固める