『仏の顔も三度』(ほとけのかおもさんど)という言葉は

よく聞く言葉ですね。



なんとなく、どんなに優しい怒らないような人でも三回までが許す限界、三回目で怒る

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『仏の顔も三度』の意味


『仏の顔も三度』(ほとけのかおもさんど)の意味は

どんなに寛大な人間でも
何度もひどいことや迷惑なことをされると怒りだすこと

「仏の顔も三度撫すれば腹立つ」の略。
いかに温和な仏様も、顔を三回撫でられたら腹を立てるから。

といった意味のようです。



どんなに温厚な人でも何度も怒らせるようなことをすると怒る、腹を立てる

のような意味になりそうです。



例文としては
「ずっと我慢させられると、仏の顔も三度で、嫌な気分になってくる」

のような
「温厚でも何度も迷惑なことをされると怒る」

の代わりのような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『仏の顔も三度』の類義語/同義語

←行動に腹が立つ
頭に来る
かちんと来る
苦々しい
←怒りが高まる
怒り心頭に発する
かっかする
堪忍袋の緒が切れる
勘弁ならぬ
腹に据えかねる
腸が煮えくり返る
憤然
憤懣遣る方無い
仏の顔も三度
←濃厚な怒り
忌ま忌ましい
けったくそが悪い
業腹
小癪な
小憎らしい
癪だ
癪に障る
癪の種
中っ腹
腹の虫が治まらない
むかつく
むかむかする
胸糞が悪い

おすすめ関連記事