『抱腹絶倒』(ほうふくぜっとう)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



いまいちわかりづらい言葉ですが、なんとなく

腹を抱えて倒れてしまうくらい楽しむ

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『抱腹絶倒』の意味


『抱腹絶倒』(ほうふくぜっとう)の意味は

おかしくて大笑いすること

といった意味のようです。



面白くて、おかしくてすごく笑う

のような意味になりそうです。



『可笑しい』(おかしい)は
笑いたくなるような面白さがある。滑稽である

といった意味になります。

スポンサードリンク

『抱腹絶倒』の使い方、例文


例文としては
「十年続いているこのお笑い番組はいつも抱腹絶倒させられる」

のような
「面白くて大笑いする」

の代わりのような使い方が良さそうです。

本来は「捧腹絶倒」と書きます。
「捧」の意味は
両手で抱きかかえる。
大笑いする意味の「腹を抱える」との混同から
「抱腹」と書かれるようになった言葉となります。

『抱腹絶倒』の類義語/同義語

←すごく楽しい
興に乗る
ご機嫌
時のたつのを忘れる
←順調で嬉しい
快哉を叫ぶ
小気味がいい
痛快
胸がすく
←何かがきっかけで面白い
面白おかしい
傑作
振るっている
抱腹絶倒する
ユームラス
笑える

おすすめ関連記事