『乙』(おつ)という言葉は

よく見かける言葉ですね。



なんとなく、何かの終わりの挨拶である「お疲れ」の代わり

として使われるイメージが強いですが、それ以外だと

これは素晴らしい

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『乙』の意味


『乙』(おつ)の意味は

一風変わっているが
なかなか味わいがある様子


といった意味のようです。



変わってるけどなかなか良い

のような意味になりそうです。



『味わい』(あじわい)は
1.飲食物が舌に与える感じ。風味
2.おもむき。妙味
『妙味』(みょうみ)は
1.なんとも言えない味わい。非常にすぐれた趣。 醍醐味
2.いいところ。うまみ
『趣』(おもむき)は
1.そのものが感じさせる風情
2.全体から感じられるようす・ありさま

といった意味になります。

スポンサードリンク

『乙』の使い方、例文


例文としては
「ゲーム実況を見ながらあたりめにコーヒーというのも乙なものです」

のような
「なかなか楽しい」

の代わりのような使い方が良さそうです。

※邦楽で高い音域の音を「甲」(かん)といい
それより一段低い音を「乙」という。

低くて渋い味わいのある音
というところから来た意味となります。

『乙』の類義語/同義語

←対面して好む
愛すべき
愛い
好感が持てる
好ましい
憎からず
憎めない
引かれる
床しい
←体感して好む
いける

口に合う
結構