『哀愁を帯びる』(あいしゅうをおびる)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、感傷に浸る、昔を思い出し寂しくなり悲しくなる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『哀愁を帯びる』の意味


『哀愁を帯びる』(あいしゅうをおびる)の意味は

寂しく物悲しい感じを漂わせる

といった意味のようです。



悲しさ、寂しさがなんとなく溢れてくる

のような意味になりそうです。



『物悲しい』(ものがなしい)は
なんとなく悲しい
『漂う』(ただよう)は
ある雰囲気やけはいがそのあたりに満ちている。そのあたりに何となく感じられる

といった意味になります。



例文としては
「哀愁を帯びた曲に心が慰められる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『哀愁を帯びる』の類義語/同義語

←辛く悲しい経験
傷心
断腸の思い
泣きの涙で
涙に暮れる
腸が千切れる
悲嘆に暮れる
悲痛
身も世もない
胸が一杯になる
胸が張り裂ける
←哀れむ
痛ましい
心が痛む
悲劇的
胸が痛む
胸がつかえる
胸が潰れる
胸が詰まる
胸が塞がる
←悲しくなる
哀感
哀愁を帯びる
哀切
心悲しい
感傷に浸る
悲哀
物悲しい

おすすめ関連記事