『御の字』(おんのじ)という言葉は

聞き馴染みがない言葉ですね。



なんとなく、丸く収まるように満足する結果になる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『御の字』の意味


『御の字』(おんのじ)の意味は

そうなってくれれば
また、そうなっただけでも
ありがたく結構な事


といった意味のようです。



もしもそうなればありがたい、満足すること

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『御の字』の例文、使い方


例文としては
「好きなように仕事しているから、少しでも利益が出れば御の字だ」

のような
「ありがたくて満足」

の代わりのような使い方が良さそうです。

「御」の字をつけて呼びたくなるほど
結構なものであるという意味。
江戸時代の遊里の言葉から出たといわれます。

『遊里』(ゆうり)は
一定の区画を仕切って遊女屋を集めてある地域。 遊郭。 くるわ。 いろざと

といった意味になります。

『御の字』の類義語/同義語

←希望通りで喜ぶ
悦に入る
御の字
会心
にんまりする
笑いが止まらない
←不満がなくなる
渇を癒す
気が済む
気が晴れる
胸のつかえが下りる
溜飲が下がる
我が意を得る
←満足している
言う事無し
至れり尽くせり
痒い所に手が届く
結構
申し分ない
文句無し
文句の付けようがない
←後味が良い
思い残すことはない
堪能する
本望
満喫する
満ち足りる
←目標は満足
思う様
思う存分
心行くまで
十二分に
存分に

おすすめ関連記事