『思う存分』(おもうぞんぶん)という言葉は

普通に使われている言葉ですね。



なんとなく、思うままに満足のいくまでやる

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『思う存分』の意味


『思う存分』(おもうぞんぶん)の意味は

これまでの満たされなかった思いが満たされるまで
そのことをする様子


といった意味のようです。



不満なことを満足するまで行動する

のような意味になりそうです。



例文としては
「テレビに向かって、思う存分批判した」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『思う存分』の類義語/同義語

←希望通りで喜ぶ
悦に入る
御の字
会心
にんまりする
笑いが止まらない
←不満がなくなる
喝を癒す
気が済む
気が晴れる
胸のつかえが下りる
溜飲が下がる
我が意を得る
←満足している
言う事無し
至れり尽くせり
痒い所に手が届く
結構
申し分ない
文句無し
文句の付けようがない
←後味が良い
思い残すことはない
堪能する
本望
満喫する
満ち足りる
←目標は満足
思う様
思う存分
心行くまで
十二分に
存分に

おすすめ関連記事