『怏怏として楽しまず』(おうおうとしてたのしまず)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



まるで想像できない言葉ですが、なんとなく

釈然としなくて、不満が溜まる一方で楽しめない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『怏怏として楽しまず』の意味


『怏怏として楽しまず』(おうおうとしてたのしまず)の意味は

不平や不満があって
何をしても気持ちが明るくならない様子


といった意味のようです。



何をしても暗い気持ちになるほど不平や不満がある
ストレスが溜まりすぎて気分が晴れない

のような意味になりそうです。



例文としては
「来週から贅沢ができないと思うと、怏怏として楽しまずの気持ちだった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『怏怏として楽しまず』の類義語/同義語

←理想と違う
意に染まない
気に入らない
気に食わない
気に染まない
←満たしきれてない
飽き足りない
意に満たない
未だし
今一つ
隔靴搔痒
気が染まない
食い足りない
歯痒い
不足
不本意
もどかしい
物足りない
←何かが足りない
怏怏として楽しまず
納まらない
くさくさする
腹が膨れる
憮然
フラストレーションが溜まる
胸にわだかまる

おすすめ関連記事