『癇に障る』(かんにさわる)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



何となく、気分を害する、かちんと来る

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『癇に障る』の意味


『癇に障る』(かんにさわる)の意味は

ちょっとした言動が不愉快に感じられて
心が苛立つ


といった意味のようです。



少しのきっかけで不愉快になり腹が立つ

のような意味になりそうです。

スポンサードリンク

『癇に障る』の使い方、例文


例文としては
「あの人の回りくどい話し方が癇に障る」

のような
「不愉快で腹が立つ」

の代わりのような使い方がよさそうです。

似た意味で
「神経に障る」
という言い方、使い方もあります。

『癇に障る』の類義語/同義語

←行動が不快
かちんと来る
癇に障る
聞き苦しい
気障り
気に障る
洒落臭い
歯が浮くよう
鼻持ちならない
耳に障る
むかつく
胸糞が悪い
←身をもって不快
忌ま忌ましい
鬱陶しい
うるさい
面白くない
気色が悪い
苦々しい
眉を顰める
見苦しい
胸が悪くなるよう
目障り
←不快を引きずる
後味が悪い
寝覚めが悪い

おすすめ関連記事