『感慨無量』(かんがいむりょう)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、非の打ち所がないくらい感動する

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『感慨無量』の意味


『感慨無量』(かんがいむりょう)の意味は

これまでのことを思い起こし
しみじみとした気持ちが心に満ち溢れて
言いようのない思いにとらわれる様子

「感無量」ともいう。

といった意味のようです。



過去のことを思い出し、深い気持ちで充満する

のような意味になりそうです。



『沁沁』(しみじみ)は
心に深くしみ入るさま

といった意味になります。

スポンサードリンク

『感慨無量』の使い方、例文


例文としては
「社会人になってからのいろいろな経験を思うと、感慨無量である」

のような
「深く感じる」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『感慨無量』の類義語/同義語

←肌で感動
意気に感じる
打たれる
感じ入る
感銘
ぐっと来る
心暖まる
心に沁みる
心の琴線に触れる
心を動かされる
心を打つ
泣かせる
泣ける
肺腑を衝かれる
胸に響く
胸を打つ
←泣くほど感動
感極まる
感激に浸る
感涙に咽ぶ
じんと来る
胸が一杯になる
目頭が熱くなる
←神を見るように感動
息を呑む
声を呑む
心が洗われる
目に沁みる
←苦しい感動
うたた
感慨無量
胸に迫る

おすすめ関連記事