『何の因果で』(なんのいんがで)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、偶然ひどい目に合う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『何の因果で』の意味


『何の因果で』(なんのいんがで)の意味は

「何の因果で~なのか…」
などの形で
現状を辛く否定的なものととらえて嘆く気持ちを表す

といった意味のようです。



今の状況をネガティブに表現する

のような意味になりそうです。



例文としては
「何の因果で屋根の上で鉄板焼きに合わなくてはならないのか、真夏の晴天に屋根の塗装をしていたら足の裏が焼かれた」

のような使い方が良さそうです。

「因果」は
仏教の考え方から来ているようで
以前の善悪の行為に対応した結果が現れる。
特に、現世の悪業の報い

という意味となります。

スポンサードリンク

『何の因果で』の類義語/同義語

場の空気が辛い
いたたまれない
後ろ髪を引かれる
苦になる
しんどい
耐え難い
何の因果で
苦い
針の筵
骨身に応える
耳が痛い
痩せる思い
遣り切れない
遣る瀬無い
←悲しくてしんどい
切ない
断腸の思い
血を吐く思い
泣きの涙で
泣く泣く
泣ける
惨め
身を切られる
←苦しい経験
茨の道
苦渋を嘗める
辛酸を嘗める
血の滲むよう
塗炭の苦しみ
身を削る

おすすめ関連記事