『針の筵』(はりのむしろ)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、環境がものすごく辛くて苦しい

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『針の筵』の意味


『針の筵』(はりのむしろ)の意味は

周囲の非難や冷遇等のために一時も心の休まらない、辛い立場や境遇

といった意味のようです。



心が休まらなくて辛い
四面楚歌で辛い

のような意味になりそうです。



『冷遇』(れいぐう)は
冷淡な待遇をすること。また、不当に低い待遇
『冷淡』(れいたん)は
ある物事に興味・関心を持たず、熱心でないこと。
あっさりしていること。心にかけないこと
『待遇』(たいぐう)は
他人や客をもてなすこと。あしらい。接待。
また、人をある立場から評価して、それに相応した取り扱いをすること

といった意味になります。



例文としては
「周りによく思われなくなると、一気に針の筵になる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『針の筵』の類義語/同義語

場の空気が辛い
いたたまれない
後ろ髪を引かれる
苦になる
しんどい
耐え難い
何の因果で
苦い
針の筵
骨身に応える
耳が痛い
痩せる思い
遣り切れない
遣る瀬無い
←悲しくてしんどい
切ない
断腸の思い
血を吐く思い
泣きの涙で
泣く泣く
泣ける
惨め
身を切られる
←苦しい経験
茨の道
苦渋を嘗める
辛酸を嘗める
血の滲むよう
塗炭の苦しみ
身を削る

おすすめ関連記事