『破顔一笑』(はがんいっしょう)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、顔が崩壊するほど笑う

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『破顔一笑』の意味


『破顔一笑』(はがんいっしょう)の意味は

顔をほころばせてにっこりと笑う事

といった意味のようです。



自然な笑い、優しい笑い

のような意味になりそうです。



『綻ばす』(ほころばう)は
1.ほころびるようにする。ほころびさせる
2.衣服などをゆるめる
『綻びる』(ほころびる)は
1.縫い目などがほどける
2.花の蕾(つぼみ)が少し開く
3.表情がやわらぐ。笑顔になる
4.隠していた事柄や気持ちが隠しきれずに外へ現れる
5.鳥が鳴く

といった意味になります。

スポンサードリンク

『破顔一笑』の例文、使い方


例文としては
「普段安い肉をさらに半額で買うことができて、家族は皆、破顔一笑した」

のような
「素直に笑う」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『破顔一笑』の由来、語源


『破顔一笑』の由来、語源は

「破顔」(はがん)
顔をほころばせて笑うこと
「一笑」(いっしょう)
ちょっと笑うこと。にっこりすること

といった意味の言葉が、合わさってできた言葉といわれています。



「破顔」は
喜びで表情を崩す
武士のような厳しい顔、硬い表情が崩れる、というところから結果的に笑顔になる
「一笑」は
一度だけ笑う、一度笑う程度のこと

といった意味が由来となるようです。

スポンサードリンク


『破顔一笑』の類義語

笑む
微笑む
破顔一笑
北叟笑む
にやつく
噴き出す
笑い転げる
爆笑
哄笑
呵呵大笑
嘲笑う
せせら笑う
嘲笑
嗤笑
冷笑
憫笑
失笑
苦笑

『笑う』の慣用句

頭が外れる
顔が綻ぶ
白い歯を見せる
相好を崩す
腹の皮が捩れる
目を細くする