『足が地に着かない』(あしがちにつかない)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



なんとなく、やることが多くて落ち着けない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『足が地に着かない』の意味


『足が地に着かない』(あしがちにつかない)の意味は

気持ちが高ぶってそわそわと落ち着かない。
考え方がしっかりしていなくて危なっかしい様子


といった意味のようです。



興奮して気持ちが不安定になる

のような意味になりそうです。



『高ぶる』(たかぶる)は
1.気分・感情などが高まる。興奮状態になる
2.思い上がった態度をとる

といった意味になります。

スポンサードリンク

『足が地に着かない』の例文、使い方


例文としては
「失敗することを考えると足が地に着かなくなる」
「実力にあってない計画で足が地に着いていない」

のような
「興奮して落ち着かない」
「軽率でしっかりしていない」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『足が地に着かない』の類義語/同義語

←心配で慌てる
居ても立ってもいられない
気が気でない
気もそぞろ
手に付かない
やきもきする
←興奮して慌てる
足が地に着かない
気が急く
心急く
じりじりする
むずむずする
矢も楯もたまらず

おすすめ関連記事