『笑止』(しょうし)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、子供騙して単純、期待はずれで相手にするに値しない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『笑止』の意味


『笑止』(しょうし)の意味は

己の分際もわきまえず、愚かで滑稽なこと
強調して「笑止千万」「笑止の至り」のようにも使われる。

といった意味のようです。



自分の力量に見合ってないのでばかばかしい

のような意味になりそうです。



『分際』(ぶんざい)は
身分・地位の程度。 身のほど。分限
『滑稽』(こっけい)は
1.笑いの対象となる、おもしろいこと
2.あまりにもばかばかしいこと

といった意味になります。

スポンサードリンク

『笑止』の例文、使い方


例文としては
「その程度の戦闘力でフリーザ様に歯向かおうとは笑止千万」

のような
「考えが足りなくてばからしい」

の代わりのような使い方が良さそうです。

『笑止』の類義語/同義語

←揺るぎなくレベルが低い
愚かしい
愚にも付かない
愚劣
子供騙し
児戯に類する
他愛ない
益体もない
埒もない
碌でもない
←軽蔑するほどくだらない
烏滸の沙汰
愚の骨頂
荒唐無稽
笑止
ちゃんちゃらおかしい
ナンセンス
噴飯物
笑わせる

おすすめ関連記事