『有頂天』(うちょうてん)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、飛び跳ねるようにものすごい喜ぶ

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『有頂天』の意味


『有頂天』(うちょうてん)の意味は

うれしくなって我を忘れること

といった意味のようです。



自分を失いそうになるほど嬉しい

のような意味になりそうです。



『我を忘れる』(われをわすれる)は
物事に心を奪われてぼんやりする。興奮して理性を失う

といった意味になります。



例文としては
「ギャンブルはどんなに運がよくて儲かっていても、有頂天になってはいけない」

のような使い方が良さそうです。



仏教語から来た言葉のようで
衆生(しゅじょう)
【仏教語で全ての生き物といった意味】
が生き死にで往復する世界である三界
最下位の「欲界」
中位の「色界」(しきかい)
最上位の「無色界」(むしきかい)
の三つの世界の中の
「色界」の最上位が「有頂天」となり
形ある世界では最高の境地となるようです。



『境地』(きょうち)は
1.その人の置かれている立場
2.ある段階に達した心の状態
3.芸術などの、分野・世界
4.場所。土地。環境

といった意味になります。

スポンサードリンク

『有頂天』の類義語/同義語

←思い通りになり嬉しい
有頂天
欣喜雀躍する
小躍りする
手の舞い足の踏む所を知らず
天にも昇る心地
願ったり叶ったり
願ってもない
万々歳
頬が緩む
頬をつねる
ほくほくする
盆と正月が一緒に来たよう
舞い上がる
←未来が嬉しい
うきうきする
心が弾む
←嬉しさがシンクロする
恐悦至極
欣快
ご同慶の至り
何より
喜ばしい

おすすめ関連記事