『手が掛かる』(てがかかる)という言葉は

聞いたことがある言葉ですね。



なんとなく、手間がかかる、世話が焼ける

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『手が掛かる』の意味


『手が掛かる』(てがかかる)の意味は

いろいろ処理したり世話したりする必要がある。
手数を要して面倒だ


といった意味のようです。



処理や世話など手数が必要で大変そうだ

のような意味になりそうです。



例文としては
「庭の手入れを怠ると、虫が湧いて手が掛かる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『手が掛かる』の類義語/同義語

←疲れてる
小骨が折れる
しち面倒
神経を使う
しんどい
世話が焼ける
手が掛かる
難儀だ
荷厄介
骨が折れる
難しい
厄介
煩わしい
←動きが遅くなる
億劫
腰が重い
大儀

おすすめ関連記事