『しち面倒』(しちめんどう)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



なんとなく、とても面倒くさい、とても手間がかかるのでやる気にならない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『しち面倒』の意味


『しち面倒』(しちめんどう)の意味は

込み入っていていかにも面倒な様子
意味を強めて「しち面倒臭い」とも言われる。

といった意味のようです。



あからさまに面倒

のような意味になりそうです。



『込み入る』(こみいる)は
物事の様子や仕組みなどが、すぐには理解できないように複雑に組み合っている
『如何にも』(いかにも)は
1.程度・状態のはなはだしいことを表す。どう考えても。全く。実に
2.相手の考えを強く肯定する意を表す。なるほど。確かに

といった意味になります。



例文としては
「しち面倒にあれこれ手を付けるより、一つに集中したほうが効率が良さそうだ」

のような使い方が良さそうです。

「しち」は
「面倒」「難しい」「くどい」
などの言葉について
わずらわしく嫌だ
という気持ちを添える言葉となります。
「しち難しい話は勘弁してほしい」

スポンサードリンク

『しち面倒』の類義語/同義語

←疲れてる
小骨が折れる
しち面倒
神経を使う
しんどい
世話が焼ける
手が掛かる
難儀だ
荷厄介
骨が折れる
難しい
厄介
煩わしい
←動きが遅くなる
億劫
腰が重い
大儀

おすすめ関連記事