メルカリというと一瞬なんなのかと思う人も多いかと思いますが

メルカリはスマートフォンでフリーマーケットの利用ができるアプリのようで

2013年7月にサービスが開始されたようです。



それから利用する人が非常に増え

2015年11月には2000万ダウンロードするほどとなり

利用者が利用する人が多くなりました。



そんなスマホからだれでも売り買いの利用ができるメルカリですが

なんでも信じられないことに現金の売買が行われていたようです。



現金というと具体的には1万円札が主に出品されていたようですが

現金を現金で買うという意味のないことを売買されていたのはなぜなのでしょうか。

スポンサードリンク


現金が出品されていた理由とは


5万円がおよそ6万円ぐらいで出品されていたりと

大体原価の2割程度増で出品されていることが多く

買うと損をしてしまいますが、

それでも需要があるのはなぜなのか気になります。



何でも現金を購入する人は

今すぐ現金が欲しい人

が買うようで

クレジットカードで買うことにより

現金の支払いを後回しにすることができるため

前払い的な感覚で現金を得られるため需要があるようです。



確かにどうしても欲しい場合は便利で

クレジットカードで現金を買えば

約1ヶ月ぐらい支払いを先延ばしにできるので

考えようによっては便利かもしれません。



でも現実的に考えてオークションのようなフリーマーケットで

現金を売られているというのはなんとなく気持ち悪い話ですよね。



そういったメルカリでの現金購入の危険性はあるのかということも気になります。

スポンサードリンク


クレジットカードの会社自体は換金目的での利用は認められていない


メルカリの現金売買がされていたようですが

クレジットカードの会社自体はカードの利用に

換金目的で利用することは認められていないようです



なのでそういった現金購入のための利用をされた時

トラブルの原因にもなり危険ともいえます。



さらにやってはいけない行為ということでもあるので

詐欺やトラブルなどに巻き込まれることもあるかもしれません。



それでもメルカリ自体現金の売買は禁止されていないらしく

未だに現金の出品はされているみたいです。



そういった現金の売買の規制をするということはなかなか難しいらしく

未だに禁止できないでいるようです。



2017年4月22日よりメルカリは現金の出品は禁止されたようで

見つけ次第削除しているみたいですが

それでも、出品の中には現金の売買だとわかりづらいものもあるらしく一筋縄ではいかないようです。

まとめ


いくら

「今すぐ現金が必要」だからといって

メルカリで現金を買えるからといっても

クレジットカード会社も認めておらず

よろしい行為とは言えないのでやらないほうがよさそうです。



それにたった1ヶ月程度先延ばしされるぐらいで

高めの金額で買うため多くの利子を払うようなものです。



いくら現金が買えるとは言っても

利用しないで健全な利用をしてほしいですね。

スポンサードリンク