『風当たり』(かぜあたり)という言葉は

聞きなじみのない言葉ですね。



なんとなく、世間からの噂、悪口

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク


『風当たり』の意味


『風当たり』(かぜあたり)の意味は

その人や組織に対する
周囲からの非難・攻撃


といった意味のようです。



周りから個人や集団への避難

のような意味になりそうです。



『組織』(そしき)は
特定の目的を達成するために、専門的な役割を持った部門で構成されている集合体のこと。企業も組織に当たり、ライン部門、スタッフ部門で構成されている

といった意味になります。



『風当たり』(かぜあたり)は
1.風が吹いて物に当たること。その強さ
2.ある人の行動に対する社会・世間からの反発や非難

といった複数の意味を持ちます。



例文としては
「殺人容疑者を無罪にしたという裁判以来、検事や刑事の風当たりが強くなった」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク


『風当たり』の類義語

攻撃
論難
批判
咎め立て
難詰
面詰
詰問
指弾
糾弾
弾劾
痛罵
風当たり
棚卸し
責める
咎める
難じる
詰る
謗る

『非難』の慣用句

後ろ指を指される
死屍に鞭打つ
四面楚歌
難癖を付ける
非を鳴らす
顰蹙を買う
袋叩きにあう
目糞鼻糞を笑う
槍玉に挙げる

関連コンテンツ



スポンサードリンク