『四面楚歌』の読み方は(しめんそか)と読みます。



『四面楚歌』(しめんそか)という言葉は

よく耳にする言葉ですね。



なんとなく、四方八方周り全てが敵、あらゆる方向から責められる、嫌悪される状態

のような意味になりそうですが。

[ad#co-3]

スポンサードリンク

『四面楚歌』の意味


『四面楚歌』(しめんそか)の意味は

漢の軍勢に包囲された楚(そ)の項羽が
夜、周囲の漢軍が楚の歌を歌うのを聞き
楚の民は既に降伏してしまったかと悲嘆したという「史記」の故事から
周囲から攻撃や非難を受けて孤立すること

といった意味のようです。



攻撃や非難で孤立する、敵に囲まれて味方がいない

のような意味になりそうです。



『攻撃』(こうげき)は
1.進んで敵を攻め撃つこと
2.議論などで、相手を責めなじること
3.スポーツの試合などで、相手を攻めること
『非難』(ひなん)は
人の欠点や過失などを取り上げて責めること
『孤立』(こりつ)は
1.一つまたは一人だけ他から離れて、つながりや助けのないこと
2.対立するものがないこと
『対立』(たいりつ)は
二つのものが反対の立場に立つこと

といった意味になります。

スポンサードリンク

『四面楚歌』の使い方、例文


例文としては
「四面楚歌になることを怖がっていては何もできない」

のような
「敵ばかりで助けがない」

の代わりのような使い方が良さそうです。

[ad#co-3]

『四面楚歌』の由来、語源


『四面楚歌』の由来、語源は

中国の前漢時代(紀元前206~8)

『史記』
中国前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書

の「項羽本紀」から来た言葉のようです。



楚国の項羽と漢国の劉邦が争っている時
項羽が垓下(がいか)という場所で漢国の敵軍に囲まれ
夜に四面から敵軍である漢軍が楚国、自分の国の歌を歌っているのを聞き
楚国の兵が漢国に降伏したと勘違いし勝利を諦めた

というところから

敵に囲まれ孤立する

のような意味になったようです。



『垓下』(がいか)は
中国、安徽省霊壁県東南の地。楚の項羽が劉邦(漢の高祖)の軍に囲まれ、敗れたところ
『楚』(そ)は(紀元前11世紀 – 前223年)
中国に周代、春秋時代、戦国時代にわたって存在した王国
『漢』(かん)は
中国の王朝である。通例、前漢(紀元前206年 – 8年)と後漢(25年 – 220年)の二つの王朝(両漢)を総称して「漢王朝」と呼ばれる

といった意味になります。

『四面楚歌』の対義語、反対語


『四面楚歌』の対義語、反対語となりそうなのは

『一致団結』(いっちだんけつ)
多くの人が一つの目的のためにまとまること
『呉越同舟』(ごえつどうしゅう)
仲の悪い者どうしが同じ場所に居ること。また、行動をともにすること

といった意味の言葉になります。



『四面楚歌』は
周りが敵だらけで助けがない

といった意味なのでどちらもある程度反対の意味に近そうです。

[ad#co-3]

『四面楚歌』の類義語

攻撃
論難
批判
咎め立て
難詰
面詰
詰問
指弾
糾弾
弾劾
痛罵
風当たり
棚卸し
責める
咎める
難じる
詰る
謗る

『非難』の慣用句

後ろ指を指される
死屍に鞭打つ
四面楚歌
難癖を付ける
非を鳴らす
顰蹙を買う
袋叩きにあう
目糞鼻糞を笑う
槍玉に挙げる
[ad#co-6]

[ad#co-3]