『後顧の憂いなし』(こうこのうれいなし)という言葉は

聞いたことがありそうな言葉ですね。



いまいち分かりづらい言葉ですが、なんとなく

何の問題もない
何の後悔もなく片付いた
一片の悔いもない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『後顧の憂いなし』の意味


『後顧の憂いなし』(こうこのうれいなし)の意味は

「後顧」は後ろを振り返って見ることから
あとに残す気遣いの意味。
自分がいなくなっても
あとの事について何の気遣いもいらない


といった意味のようです。



重荷がなくて安心
これからの不安がない

のような意味になりそうです。



『後顧の憂い』(こうこのうれい)は
あとに残る気遣い。あとあとの心配
『気遣い』(きづかい)は
1.あれこれと気をつかうこと
2.よくないことが起こるおそれ
『憂い』(うれい)は
1.悪い状態になることを予想し心配すること。不安
2.心中にいだくもの悲しい思い

といった意味になります。



例文としては
「僧侶が仲間に二人いれば、後顧の憂いなく正面の敵に集中できる」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『後顧の憂いなし』の類義語/同義語

←事が静まり安心する
安堵する
息を吐く
重荷を下ろす
肩の荷が下りる
気が休まる
愁眉を開く
人心地が付く
枕を高くする
胸を撫で下ろす
やれやれ
←悩まずゆっくりする
後顧の憂いはない
心置きなく
安らぐ
安んじる
←心配せず頼れる
大船に乗った気持ち
気丈夫
気強い
心丈夫
心強い
←一息つく
気が緩む
気が楽になる
気を許す
手足を伸ばす

おすすめ関連記事