稀勢の里がこれまで
「優勝するかもしれない」

という場面では
勝利数が並んでいることはあっても
1人頭抜けて一番勝利しているということは
2014年以来と言われています。

スポンサードリンク


1月21日今現在では

残り試合後

2,3試合となり

後はほぼ白鵬にさえ勝てば

優勝はほぼ確定となります。



なので皆の期待も非常に高まり

これまで優勝してきた力士たちも

日本人では2016年に琴奨菊と豪栄道の2人となりますが

今現在横綱は3人いて

その3人ともがモンゴル人となります。



なので相撲好きや

よく見ている人からすれば

1人でもいいから横綱に日本人が欲しい

と思っている人も多いと思います。



今回期待されているのは初めてではなく

今まで何度となく

優勝するかもしれない

という場面がありましたが

あと少しという大事な場面で

稀勢の里は負けてしまうため

今回もどこかで負けてしまうのではないか
最終的に追い上げられ優勝を逃してしまうのではないか

と観客もアナウンサーも司会者も

みんなヒヤヒヤして見ている気がします。



でも今回はそんな中でも最もチャンスと言われるところで

強敵である横綱の鶴竜と日馬富士が怪我で棄権している状態です



先日も大関の豪栄道が棄権

稀勢の里の不戦勝となりました。



ここまでいい状況が揃っているので

後は白鵬に勝つだけです。



これまでの成績は琴奨菊に負けただけで

1敗のみで後は全勝しています




つぎに成績がいいのは白鵬のみで

白鵬は2敗しています。



なので稀勢の里が優勝するためには

白鵬が途中で誰かに負けるだけでも

稀勢の里の優勝が決定し確定するので

稀勢の里に分があるし

優勝する可能性が非常に高い状況にあります。



あとは稀勢の里のメンタルが心配です



どういうわけか中盤位なると

稀勢の里がたまにしまりのない顔というか

キリッとしていないような気がする時があるのです。



そういう時はいつもの試合内容ではなく

今まであっさりと安心して勝てているはずが

互角かなぜかおされているっていう状況がたまにあります。



今回の大相撲ではそういうことがないように

最後まで集中して挑んでほしいですね。



そして稀勢の里が横綱に

そして話はわかりますが

同じ部屋にいる高安も非常に勇ましい戦い方をしていて

是非稀勢の里の後をついていくように

大関となって欲しいですね



となんとなく願っています。



日本人横綱が1人ぐらいいてもいいんじゃない」という気がします。



戦い方が一番横綱らしいという気もするので

ぜひ稀勢の里には横綱になってほしいです。

【追伸】
1月21日の大相撲で

稀勢の里の優勝が決まりました

すっかり大事な所を見逃してしまいましたが

稀勢の里の優勝コメントでは

目頭に涙がうっすらあったようです。



稀勢の里も念願の優勝を勝ち取り

皆の期待に答え

一歩横綱に近づきました。



試合結果は

稀勢の里が10勝3敗している逸ノ城を破り

白鵬が貴ノ岩に負けたため

優勝が確定しました。



稀勢の里の優勝は皆が待ちくたびれましたね。

スポンサードリンク