琴奨菊の最近の試合は見ていて痛々しいものがあります。

『がぶり寄り』を得意とする試合が目立ちますが
膝の怪我がひどいのか
足がついていかない試合が多く目立ちます。

元力士で元優勝者だった人も
膝の怪我で試合にならないようになり
なかなか勝てなくなるようになってしまった

という話も聞きます。

スポンサードリンク
[ad#co-1]

琴奨菊本人は今回の大相撲ではなんとしても

カド番勝ち越しでいたいという気持ちが強く

見ているこちらにも伝わってくるほとで

勝ちたい気持ちが伝わってきました。



てもどことなく少し頑張って欲しいというより

膝の怪我に対する同情の気持ちのが

強くなってくるような印象です。



力士は

同情されたら終わり

だと言われるほどで

力士は同情されてはいけない」という

暗黙の了解があります。



琴奨菊本人にも「同情されたくない」

という気持ちがあると思いますし

とにかく全盛期のような試合内容に戻りたい

という気持ちも強いかと思います。



なかなか思うようにいかない試合が続くようなイメージですが

あまり無理をせず

膝の怪我を十分に治療し

万全な試合を望んで欲しいですね。



今回の大相撲では負け越しとなってしまい

カド番だったので大関から関脇に陥落してしまいます。



それでも見ている限り

琴奨菊本人には
勝ちたい

という気持ちが強く残っているので

引退の2文字は無いようにも思います。



まだやり残していることもあるでしょうし

強いという証明を

皆に示したいという気持ちもあるのかもしれません。



勝ちたいけど勝てない

負け越してしまい

今までカド番が何回もあったため

弱い

というイメージがあり噂も広がり

そして
「引退するのでは」

という噂も広がってしまっていますが

そういった噂を飛ばすために

十分に怪我の治療し

本来の実力を出してほしいですね。



全盛期のような強い相撲はできないかもしれませんが

一度優勝した

という実力を持っているので

また皆が驚くような相撲をして欲しいという気持ちもあります。

スポンサードリンク
[ad#co-1]


スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク

おすすめ関連記事