『無聊を託つ』(ぶりょうをかこつ)という言葉は

聞いたことがない言葉ですね。



イメージしづらい言葉ですが、なんとなく

何も得るものがない、無機質で何もない

のような意味になりそうですが。

スポンサードリンク

『無聊を託つ』の意味


『無聊を託つ』(ぶりょうをかこつ)の意味は

退屈な境遇を嘆く
「無聊」は
することがなくて時間を持て余すこと。
「託つ」は
自分の境遇について不平を言う。

といった意味のようです。



退屈を不満に思う

のような意味になりそうです。



例文としては
「車を手放してからは出かけることも少なくなり、無聊を託つ毎日です」

のような使い方が良さそうです。

スポンサードリンク

『無聊を託つ』の類義語/同義語

←楽しくない
味気ない
味も素っ気もない
興醒め
興味索然
砂を噛むよう
張り合いがない
無聊を託つ
無味乾燥
←古臭くて飽きる
飽きが来る
欠伸を噛み殺す
代わり映えがしない
曲がない
芸がない
陳腐
何の変哲もない
花がない
光るところがない
マンネリ

おすすめ関連記事